> 現役のプログラマーやSEの転職活動の方法

現役のプログラマーやSEの転職活動の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


私はIT業界に入って現在、プログラマー兼SEとして仕事をしています。これまでJavaやPHP、Pythonなどを使ってWEBアプリケーションやスマホアプリの開発、解析などを行ってきました。そして、実際にIT業界で働いてみていろいろなことを経験してきました。

転職する際には「次の会社はどんなところにいけばいいかな?」とか、「やりたい仕事につけるかな?」、「給料があがるといいな」など、いろいろ期待したり心配なことがありました。

ここでは、私がこれまで体験したことなどを中心に、現在プログラマーやSEの方が転職活動を行うための方法をご紹介したいと思います。


1.時間がない人の転職活動の始め方

今の会社の仕事や家庭の事情などで忙しく、転職活動に必要な時間がとれないという方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、忙しいからといって先延ばしにしていると、最良の転職時期を逃してしまう恐れがあります。このページでは、忙しくても転職活動を確実に始められる方法をご紹介しています。

詳細:時間がない人の転職活動の始め方




2.気軽に転職の相談をするならエージェントがおすすめ

転職したいなと思った時に、誰かに相談したいと思ったことはないでしょうか。友達や同僚は気持ちをわかってはくれますが、気持ちを合わせてくれるだけで言っていることが必ずしも正しいとは限りません。そのような時は、豊富な転職実績と企業情報が集まっている転職エージェントがおすすめです。

詳細:気軽に転職の相談をするならエージェントがおすすめ




3.プログラマーやSEのための自分に合った転職エージェントの選び方

「転職エージェントは選りすぐりの求人情報を教えてくれたり、転職のサポートをしてくれて良さそうだと思うんだけど、どれを選べばよいかわからない」、ということはないでしょうか。ここでは、自分に合った転職エージェントの選び方をご紹介します。

詳細:プログラマーやSEのための自分に合った転職エージェントの選び方




4.プログラマーやSEはTechClipsで年収500万以上の転職を成功させよう

どうせ転職するなら年収アップしたいなと思うことはないでしょうか?TechClipsには年収が500万円以上の求人情報がたくさん集まっています。対応してくれるスタッフはすべて現役のITエンジニアの方で、プログラマーやSEの気持ちを理解してもらえ、働きやすい企業を紹介してくれます。

詳細:プログラマーやSEはTechClipsで年収500万以上の転職を成功させよう




5.離職率の低いIT企業を調べて転職する方法

転職するときには、できるだけ働きやすい企業に入社したいですよね。しかし、そんなのは採用されて入社するまではわからないと思うかもしれませんが、離職率に注目するとその会社が働きやすいかどうかを知る目安になります。では、どうやったら離職率を調べて転職活動に活かすことができるでしょうか?

詳細:離職率の低いIT企業を調べて転職する方法



6.就職・転職に役立つ四季報の見方

就職や転職をしようと思った時に、是非とも目を通しておきたいものに四季報があります。四季報と聞くと、株式投資のための資料程度に思っている方が多いかもしれませんが、実は四季報にはインターネットには載っていないような会社選びの情報が満載です。

詳細:就職・転職に役立つ四季報の見方



7.第2新卒でプログラマーに転職するには?

新卒で 就職しても、思っていた会社や仕事と違う、ということがあると思います。会社を辞めたいけど、、第2新卒でも転職することは可能なのか?、可能だとするとどうやればいいのか、ということがわかれば転職活動を開始するにあたって気持ちが楽になるのではないかと思います。

詳細:第2新卒でプログラマーに転職するには?



8.転職時の面接での給料交渉はどうしたらいい?

転職するときにはやはり給料もアップすることを期待してしまいますよね。ただ、面接時にお金の話をするのは印象が悪くなるのではないかと心配になるかもしれません。希望する会社なのに、印象を悪くしてしまって不採用になってしまっては元も子もないですよね。ではいったい、転職時の面接での給料交渉はどのようにしたらいいのでしょうか?

詳細:転職時の面接での給料交渉はどうしたらいい?



9.Javaプログラマーの転職・求人

Javaはとても広く使われている言語で、求人情報もとても多くあります。WEB系から組み込み系、そして最近ではスマホアプリなどJavaが求められる仕事は多く、とても楽しいものです。Javaプログラマーになりたい方も、現在Javaプログラマーとして仕事をされている方も、良い求人案件を紹介してもらえる転職サービスを知っておくと有利です。

詳細:Javaプログラマーの転職・求人



10.PHPプログラマーの転職・求人

PHPはウェブ系やゲーム系など幅広く利用されている言語であり、求人数は非常に多いです。また習得が簡単なため、未経験であっても採用される可能性が高いです。ウェブプログラマーになりたいという方であれば、PHPを使った職を目指すというのも良いでしょう。PHP経験者も未経験者もまずはどのような転職サイトを使えば良いかをおさえておきましょう。

詳細:PHPプログラマーの転職・求人




11.フリーランスのプログラマーが仕事をとってくるための求人サイト

プログラマーやSE、WEBデザイナーなどとして経験やスキルを積んでくると、フリーとして独立というステップが見えてきます。しかし、そこで直面するのが「どうやって仕事をとってくるか?」という問題です。これをクリアするためには、フリーのエンジニアにも仕事を発注してくれる仕事先を探さなければなりません。この問題を解決してくれるのが、フリーランスのエンジニアの仕事を専門に扱っている求人サイトです。

詳細:フリーランスのプログラマーが仕事をとってくるための求人サイト



12.東京・神奈川・埼玉・千葉でプログラマーの正社員の求人を効果的に探す方法

首都圏には非常に多くのプログラマーの求人情報が集まっています。採用されるチャンスが多くなるのですが、一方で自分に合う企業を探すのが難しいと感じるかもしれません。では、どうすれば希望に合う会社が見つかるのでしょうか?

詳細:東京・神奈川・埼玉・千葉でプログラマーの正社員の求人を効果的に探す方法



13.転職フェアでITエンジニアとして働きたい会社が見つかる!

転職フェアを利用すると転職活動が非常に効率的に進みます。特にネットでは得られないリアルな情報が聞けるというのが大きなメリットです。

詳細:転職フェアでITエンジニアとして働きたい会社が見つかる!

Copyright (C) 2011 ,プログラマー・SEのお仕事 All rights reserved.